ロードバイクのパーツの名称

dura-ace-9000%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

ロードバイクと一言で表すのは簡単ですが、最大限、無駄なく軽快に走行するため走るため、ロードバイクは多くのパーツから構成されています。
今回は、コンポーネントについて簡単に説明致します。
コンポーネントは、変速、ブレーキ、ステアリング等の性能を司るパーツ1式を総称して、コンポーネントと呼ばれるようになりました。

1.シフター(デュアルコントロールレバー)

変速機のギアチェンジと、ブレーキング操作をするためのレバーです。
昔は、ブレーキレバーとシフトレバーが別でありましたが、SHIMANOがSTIレバーというギアチェンジもブレーキングも一体化した物を開発して、今の形になりました。
Campagnoloはエルゴパワーシフター、SRAMはダブルタップレバーと呼ばれています。

2.ボトムブラケット

BBシェル部分に入っている、クランクを受けるためのパーツになります。
ネジ切りでは。、JIS/ITA。また、プレスフィットであったり、ベアリングのみ入れるBB30という規格だったり、クランクの規格にも合わせて取り付ける必要があり、ややこしく、規格が乱立しています。

3.クランクセット

左右クランクアーム、チェーンリング(ギア板)を総称して、クランクセットと呼びます。
これを回すことで、後輪にトルクが掛かり、走行を可能とします。
170mmのアーム長が多いですが、足の長さや身長によって、2.5mm刻みで長さのラインナップがあります。
また、チェーンリングの歯数は、交換できるので、乗る人の好みによって交換できるようになっています。
その他、チェーンリングを取り付けるためのピッチ円直径(PCD/BCD)や、シャフトの種類、対応するBBの種類等、多くの規格が存在します。

4.フロントディレイラー(Fメカ)

フロントギアのチェンジをするためのパーツです。
ロードバイクではダブルが多いですが、トリプルも存在します。
フレームへの取り付けには、バンドタイプ(シートチューブの太さによってバンド径が異なる)、直付けタイプが存在します。

5.リアディレイラー(Rメカ)

リアのギア(スプロケット)をチェンジするためのパーツです。
ゲージの長さによって、使用できるギア比が異なります。
SHIMANOパーツでは、SS(ショート)とGS(ロング)がありますが一般的にSSが使用されている場合が多いです。

6.スプロケット

リアホイールに取り付ける、ギアの歯の集合体です。
歯の数が小さいほど重くスピードが出せるギアで、大きいほど沢山回さないとスピードは出ませんが、軽い力で走行することができます。
新車を購入すると12-25T、11-25T等が比較的、完成車に付いている事が多いです。
また、坂をメインで走られる方は、歯数の大きい物13-28Tを使ったり、脚力に自身がありスプリント向きの方は、11-21Tを使ったりします。
幅広く対応したい人は、11-30Tや、11-28Tなどワイドな物もあります。

7.チェーン

対応段数によって使用するチェーンの厚みが異なるため、その対応段数に合ったチェーンを使用する必要があります。
前後のギアの歯数、フレームサイズ(リアセンター)によって、チェーンの長さの調節が必要です。

8.ブレーキ

ロードバイクのブレーキは基本、ホイールのリム部分に両サイドからブレーキシューを当てて圧を欠けることにより、摩擦で制動させます。
近年は、各メーカー趣向を凝らしており、フレームに内蔵させたり、ダイレクトマウントという方式だったり、Vブレーキタイプだったりと、そのフレーム専用品の物を使用されている物も少なからず存在します。

基本的にシマノ、カンパニョーロ、スラムの3大メーカーが寡占状態で市場を支配している形ですが、昔は多くのメーカーがしのぎを削っていました。
現在では、変速機は互換性や精度が必要なものにつき、中々参入できないものの、BBやクランク、ブレーキに関しては多くのメーカーが製造しています。

ValleyWorksではロードバイクを高価買取をしております。

  • ・もう乗らないで物置に置きっぱなし
  • ・自転車の買い替えを考えている
  • ・パーツのグレードアップを考えている
上記のようなお客様に数多くの自転車やパーツをお売り頂いております。 多少の傷、故障があっても買取可能な場合もございます。まずはお気軽に無料査定をご利用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)