私の愛用工具

自転車乗りたる者、メンテナンスは欠かさず行う。
脚力を何倍にもして、スピードに変えてくれる
日々、心地良い風を与えてくれる愛車へのマナーです。

自転車用のメンテに必要な工具は、
アーレンキー
BB回し
ワイヤーカッター
チェーンカッター
ドライバー
空気入れ
スプロケットリムーバー
ロックリング回し

他にも特殊工具、圧入機など、簡単に上げただけで、沢山有るような気はしますが、
それほど頻繁に使われないものばかりで、一般ユーザーにおいては
そんなに持ってても仕方ありません。
それは、自身でメンテナンスがどこまでできるのか。
どこから、プロショップに任せるのかに依ってきます。

1.変速調整、ブレーキ調整は上手にできますか?
2.自分でチェーンを適切な長さに切って、張り替えることができますか?
3.スプロケットを外して洗浄等はしますか?
4.ワイヤーの交換をしますか?

上を自身でしないのであれば、
最低限に必要なものはアーレンキー(6角レンチ)ぐらいです。
私も、アーレンキーは毎日使います。

サドル、シートポスト位置、ステム、ハンドル、ワイヤーを止める、
ボトルケージの取り付け、取り外し、各種ボルトのチェックなどなど
アーレンキー1セットあれば、大体簡単なメンテは行うことが出来ます。
なので、その唯一の工具は、チープなものを買わないほうが良いです。

私はHOZANの物を愛用しています。
IMG_0472日本の工具メーカーですので製品の精度、強度がちゃんとしています。
あんまりチープなものを使用していると、すぐに錆びたり、ネジがナメたり、
工具側が潰れたりします。

たいそうな、グリップ(にぎり)が付いているものもあったりしますが
締めすぎたり、力の加減が分かりづらかったりしますので
コレぐらいがちょうどいいです。
反対側にボールポイントが付いているので、トルクを掛ける必要のないところまでは
指先でクルクル簡単に回せます。

変にいろんな機能が付いた、携帯工具を持つより、
1セットこういった精度が高い工具を持つことをおすすめします。
自転車用でなくても、ホームセンターにありますから。
HOZANのコレも2000円ぐらいです。
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ロードバイク、スポーツ自転車買取専門店 valley works
Facebook:http://www.facebook.com/valleyworks.roadbike
Twitter:https://twitter.com/Valley_Works
Instagram:https://www.instagram.com/valleyworks/
Mail:satei@valley-works.com
TEL:0120-808−943
Address:〒653-0836
兵庫県神戸市長田区神楽町3-2-18
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

このエントリーをはてなブックマークに追加

じてんしゃ熱高めのパーツ

自転車好きたる者、乗るだけでなく、自分のオリジナリティを
追求してカスタムしたいものです。
各パーツ規格やら何やらたくさんあって、
結局、自転車店に行って進められるがまま、
カスタマイズしていく人も多いのではないでしょうか?
今回は、そんな規格もクソも無い、自転車用アクセサリーについて

ベルです!!笑

実は軽車両(自転車を含む)は法律で警音器(ベル)を鳴らさなければいけない
標識がある(見通しの悪い交差点など)場所があるのです。
道交法上、ベルが付いていない自転車が走行していけないわけではないのですが
各都道府県での条例では、付けてない自転車は罰金の対象としているのがほとんど。

しゃあなし、こんなベルなら付けてやってもいいかな・・・。
てことで探していた所、高級ベルにたどり着きました!

一つ目
三ヶ島 TITAN BELL!!
TITAN BELL【チタン】【エアロ】という単語にぐっときてし待った方、買いです。笑
定価3800円。まぁまぁ、付けてもいい気持ちにはなりますかね。

2個目
TNI Tiベル!!
tiベル

コレもまた、チタン、クランプまでチタンという徹底ぶり!
おバカですねー。
しかしながら、この武骨なまでの金属感、メカっぽさ。
たまらないです。
定価9500円!!!?
うむ、悪くないか・・・。

最後
SPURCYCLE BELL
spercycle bell.jpgもはや美術的に美しい。
実はコレ、キックスターターというクラウドファンディングで
出資を募って製造に至りました。
なんとベルを作るというだけで、日本円にして4000万円もの
資金を得ることができたのです。
ロウ(シルバー)6200円、ブラック7800円。
いいですね。一生大切にします。って感じ。

なんか、金銭感覚がバグってきました。
この辺にしておきましょう。
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
ロードバイク、スポーツ自転車買取専門店 valley works
Facebook:http://www.facebook.com/valleyworks.roadbike
Twitter:https://twitter.com/Valley_Works
Instagram:https://www.instagram.com/valleyworks/
Mail:satei@valley-works.com
TEL:0120-808−943
Address:〒653-0836
兵庫県神戸市長田区神楽町3-2-18
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

このエントリーをはてなブックマークに追加

GRAPHITE DESIGNが・・・

あまり自転車業界では、名前が売れませんでしたが、
あのグラファイトデザインが、サイクル事業を休止すると発表しました。
GRAPHITE DESIGN
もとはゴルフシャフト製造で定評のあるメーカーで、
国内ゴルフツアーでの使用率を誇ります。
名実ともにゴルフ業界のトップメーカーです。

サイクル事業は2007年から着手し、流通は多くはありませんでしたが
ゴルフシャフトの製造技術に裏付けられた、自転車フレームの品質の高さに
定評のあるメーカーとして、密かに知られていました。

近年の各メーカーの打ち出すフレームは
いかに軽さを維持しつつ、剛性を高めていくかを追求されて製造されていましたが、
グラファイトデザインは、ゴルフシャフト同様、【しなり】を大切にし
反応と快適な乗り味によって、人間と自転車との一体感を創ることを
プロダクトの原点としていました。
乗った人にしかわからないその乗り心地は、
少ないながら、支持されていたはずです。

実は、ウチの店長はグラファイトデザインが大好きなんです。
流通量も多くなく、高価なグラファイトデザインのロードバイクが
もう製造されなくなるのであれば、
ウチの店長も、買取依頼があれば査定頑張っちゃいます!!

他業種からの参入と言えば、YONEXもその一つですが、
日本のスポーツバイク市場を盛り上げるべく、頑張ってもらいたいですね。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
ロードバイク、スポーツ自転車買取専門店 valley works
Facebook:http://www.facebook.com/valleyworks.roadbike
Twitter:https://twitter.com/Valley_Works
Mail:satei@valley-works.com
TEL:0120-808−943
Address:〒653-0836
兵庫県神戸市長田区神楽町3-2-18
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

このエントリーをはてなブックマークに追加

珍しいハブを見つけたので、オーバーホールしてみました

こんなん転がってました。
三光舎のピストハブ
IMG_0449

センターにある【光】の刻印。
なんかいい感じ。

正直、私もあまり知らないメーカーですが、
ヴィンテージパーツとしては知る人ぞ知るメーカーみたいです。

時代は1950〜1960年頃、スポーツ車用のパーツを生産していた
国産トップメーカーの1つだったようで、実は変速機までせいぞうしていたんですね。

そんな貴重なものを、汚れたまま放置しておくわけにはいきません。
ちょっとオーバーホールしてみました。

IMG_0453
あまり汚く無さそうですね。
多分前のオーナーも自身でオーバーホールはしていたんでしょう。
念のため、グリスを除去して、玉受け部を確認します。
IMG_0456ちょっとフツフツ腐食っぽい感じはありますが、まぁこんなもんでしょうね。
フランジ部分はアルミ製ですが、玉受け、軸の部分はスチール製です。

IMG_0462

IMG_0463ごってりグリスを入れて、ベアリング玉を一個ずつ入れていきます。
後で、【玉が1個ない!?】みたいなことにならないように気をつけましょう。
最後に玉あたり調整をして終了です。IMG_0465
ガタ出ないよう、なおかつ、軸が抵抗なく回るように
微妙なタッチで調整をした後、ナットを固定します。

ホイールをフレームに組み付けたとき、両端から圧力がかかりますので
この段階であまりピッタリと玉当りを出すよりは、
極々ほんの僅か若干ガタがあるかな無いかな・・・?ぐらいで
セッテイングしておくといいみたいです。

最近のホイールは、シールドベアリングが比較的多いですが、
シマノホイールは、カップ&コーン式ですので、メンテナンス性が高いです。
金属が常に干渉しながら回転し続けている部分ですので、
たまに見てあげるといいです。
綺麗洗浄して、最適なチューニングができれば、
自転車自体の走行感覚も良くなるかもしれません。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
ロードバイク、スポーツ自転車買取専門店 valley works
Facebook:http://www.facebook.com/valleyworks.roadbike
Twitter:https://twitter.com/Valley_Works
Mail:satei@valley-works.com
TEL:0120-808−943
Address:〒653-0836
兵庫県神戸市長田区神楽町3-2-18
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

このエントリーをはてなブックマークに追加

自転車業界の多様化する販売ツール

販売店主導で行われてきた、自転車ユーザーへのアプローチが
近年になって、多様化してきています。

少し前にはなりますが、TREKのPROJECT ONE
ANCHORのオーダーシステムなどから始まり、
工房や、ショップで行なってきたシステムを
メーカー自体がアプローチしていくような方向性です。

また2016年今年、Cannondaleそれに乗っかり、Cannondaleカスタムラボ
というオーダーシステムを2/22から日本先行で開始されます。
TREKと異なるのは、明らかに自社生産ブランド(BONTRAGER)などの
決まったパーツで組まれるのではなく、ハンドル、ステム、サドルや、
コンポーネント、ホイールまで、一流のパーツメーカーから好みに合わせて
チョイス(FSAや、ENVE、MAVIC、fi’zi:kなど)でき、
ミドル〜ハイエンドなパーツを組み合わせる事ができます。

個人的には、はじめから完璧に出来上がった、満足してしまう自転車は、
面白くないのですが、こういったユーザビリティを意識したサービスは
一般ユーザーが望む所なんでしょうかね。

また、最近台頭してきたメーカーCANYONは
はなから、販売店を通さずメーカー直販のみに特化しています。
輸入自転車の場合は、大体以下のように、

メーカー
 ↓
国内輸入代理店
 ↓
販売店
 ↓
エンドユーザー

といった流通がされています。
代理店、販売店をすっ飛ばし直接売れば、仲介マージンがありませんから、
他メーカーより安く商品の提供が可能です。

裏話ですが、輸入代理店に入ってくる、海外メーカーのパーツ、自転車等は
安いもので定価の10〜15%程度、高くても40%程度と言われています。
結局、日本での販売価格は為替の影響等を考慮して、輸入代理店が決めており、
定価なんてあって無いようなものです。
直販して、ばんばん売れてしまうのであれば、メーカーは儲かってしょうがないでしょうね。

その代わり、システム、サポート等にはお金掛かってるんでしょうけど。

今度はGIANTもアメリカで直販を始めるようです。
恐ろしいですね。
資金力のあるメーカーは、こうやって価格競争ができ、技術の先端をいきますが、
そうでないメーカーはどうやって戦うのでしょうか。
資金力に乏しいメーカーが大きなメーカーに買収されて、
特徴の薄い自転車ばかりにならなければいいな。
と願うばかりです。

Cannondaleも同様、台湾のMERIDAの傘下ですしね。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
ロードバイク、スポーツ自転車買取専門店 valley works
Facebook:http://www.facebook.com/valleyworks.roadbike
Twitter:https://twitter.com/Valley_Works
Mail:satei@valley-works.com
TEL:0120-808−943
Address:〒653-0836
兵庫県神戸市長田区神楽町3-2-18
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

このエントリーをはてなブックマークに追加

ValleyWorksのハマり物

この季節寒くて当然なのですが、商品を管理して作業する我々の倉庫は寒く
手が凍える状態でキーボードを打ってたり、することもあります。

そんな中、僕らを助けてくれた、激ハマりした食品をご紹介します。
そう、寒くなったとき欲しいものそれは、暖かいスープですね!
IMG_0444マルちゃん、札幌スパイシースープカレーワンタンです!
自転車に全く関係ないのですが、この商品のクオリティの高さに
いてもたってもいられず、ブログに書かせて頂きました。
1月は寒くて、週5でこれを食しているヤツも要るほど。

お湯を入れて、3分後蓋を開けた瞬間の、スパイシーな香り、
一くち口にしたら、即席めんの様な、変な油感は無く、
塩加減、香り、強めのスパイシー感、非常にバランスが取れています。
このスープで、骨付きのもも肉を煮込んで、素揚げした野菜と一緒にしたら
本格的なスープカレーになるのではないか!?と思わせるほど。

所詮即席めんのスープですが、この味の再現力。
素晴らしい。

価格¥108。
素晴らしい。

この時期ロードバイクでロングライド、まぁまぁ長い距離を通勤等で走られる方、
途中コンビニ(ローソンでしか見たことはないので注意)に寄って、
このマルちゃんのスープカレーを頂いてみてください。
きっと、心の活力になってくれるはずです。
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
ロードバイク、スポーツ自転車買取専門店 valley works
Facebook:http://www.facebook.com/valleyworks.roadbike
Twitter:https://twitter.com/Valley_Works
Mail:satei@valley-works.com
TEL:0120-808−943
Address:〒653-0836
兵庫県神戸市長田区神楽町3-2-18
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

このエントリーをはてなブックマークに追加

〜今日はNITTO(日東)の日〜

昨日が肉の日なら、今日はNITTOの日です。
私は、日本人ですので、世界に誇れるパーツメーカーとして
日東はとっても好きなメーカーです。

日東のパーツは競輪界にとって、必要不可欠なメーカーであり
特にNJSに認可されているパーツの強度、精度は信頼があついです。
当店では中古パーツを買取しているに当り、いろいろなパーツを見てきておりますが
その中から、一部素敵なパーツを紹介します。
天返しステム日東好きなら、誰もが知ってる、天返しステム!!
かっこいいかどうかは人それぞれですが、レアで人気のあるピストパーツです。
NJS認定品であり、競輪選手は使ってる人も多くいたみたいです。
レース時はマイナス角で付けて使用しますが、
コラム部分の外して逆さに付ける(ハンドルは固定したまま)ことで
ドロップ部分が上部に来るので、非常にアップなポジションで楽に乗ることができます。ハンドルに物を下げることもしやすく、当時の競輪選手は、練習後、レース後、宿舎や帰宅時に恩恵を受けたパーツじゃないでしょうか?
また、メンテナンス時に自転車を逆さにしても、安定するようになるため、
簡単な整備点検が、楽にできるメリットがありました。
スレッドレスコンバーター次、スレッドレスコンバーター!!
私も使用していますが、最近、旧車やクロモリロードの人気が出てきており
そういった自転車はスレッドフォーク、スレッドヘッドが多いので、
スレッドステム(クイルステム)を使用するのが普通です。
でも、アヘッドステムの方が、圧倒的にハンドルの脱着等のメンテナンスが楽、
また、流通量も多いので選択肢の幅が広がります。
こういったコンバーターは沢山でていますが、どれもチープな物が多いです。
日東のコレだけは、日東の製品へのこだわりが感じられる逸品です。
nitto CNC切削加工(CNC)ステム!!
THOMSONもいいけど、日本人ならNITTO使おうぜ!
強度は折り紙つき、造形も美しいですね。
Nitto_bar_end_plugs_large

 

 

 

 

 

   バーエンド!!
バーテープに付属しているエンドキャップは、上手く付けないと、
いつの間にか飛んでってしまいますね。
そんな状態で何も気にせず乗っているなんてかっこ悪い。
コレなら簡単に外れないし、かっこいい。
こだわりをもって、自分のロードバイクをカスタムできます。

シム

 

 

 

 

  ステンレス製ハンドルシム!!
これは、かゆい所に手が届く隠れた逸品。
使いたいステムクランプ系が26.0mmで、ピストハンドルのクランプ径が25.4mm。
無理やり締め付けるという危険極まりないことをせずとも、
こいつがあれば大丈夫!!0.6mmの隙間を埋めてくれます。

地味で無骨なメーカーですが、簡単に上げただけでも、
いろいろな物を製造していますね。
今日は日東に感謝。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
ロードバイク、スポーツ自転車買取専門店 valley works
Facebook:http://www.facebook.com/valleyworks.roadbike
Twitter:https://twitter.com/Valley_Works
Instagram:https://www.instagram.com/valleyworks/
Mail:satei@valley-works.com
TEL:0120-808−943
Address:〒653-0836
兵庫県神戸市長田区神楽町3-2-18
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

このエントリーをはてなブックマークに追加

ロードバイクのサドル選び

ロードバイクに乗るにあたって、サドル選びは極めて重要かつ
悩みどころです。

みなさんはどういったサドルを愛用していますでしょうか?
軽いサドル、硬いサドル、柔らかいサドル、
尻を移動しやすいサドル、しっぽり一定の位置にフィットするサドル。
まぁ、いろいろあります。

個人的見解としましては、ヘタに軽くて、硬くて、高級なサドルは、
毎日のようにゴリゴリ乗りまくる、玄人向きのサドルですので、
一般的なホビーライダーにはおすすめしません。
柔らかかったり、クッションが厚かったりすると、腰がブレる、
力が逃げる等言われますが、尻が痛い方が、ずっと体にストレスが掛かります。

比較的評判の良いサドルとしましては、fi’zi:kのARIONEなんかは
人気がありますし、使用している方々から良いと聞きます。
2016011900067フラットな座面と、程よいクッション性とベースの硬さ、そして比較的軽い。
クセのない使いやすさが魅力です。

短い通勤でしか使用しない私自身は、ちょっと古いものですが、
selle ITALIAのEXPLORERっていうサドルを愛用しています。
selleITALIA EXPLORER
レール先端とベースの接続部分が、荷重がかかると少したわむ様になっていて
ふわふわして気持よく自転車に乗れています。
ブラックレザーにステッチもお気に入りです。

あれこれ試すのも手ではありますが、痛くてもしばらく乗ってたら、
慣れてくるパターンもあります。
ロードバイクを愛する皆さんも、本当に愛用できるサドルを見つけたら、
よりツーリング、レース、通勤が楽しくなるかもしれません。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
ロードバイク、スポーツ自転車買取専門店 valley works
Facebook:http://www.facebook.com/valleyworks.roadbike
Twitter:https://twitter.com/Valley_Works
Instagram:https://www.instagram.com/valleyworks/
Mail:satei@valley-works.com
TEL:0120-808−943
Address:〒653-0836
兵庫県神戸市長田区神楽町3-2-18
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

このエントリーをはてなブックマークに追加

Campagnolo シートポストコレクション

当店は、完成車だけでなく、パーツの買い取りもしており、
今まで、多くのパーツをお買い取りさせていただいておりますが、
個人的には、ヴィンテージパーツが得意だったりします。

クロモリロードの旧車を、組むにあたっては、まず、Campagnoloのパーツで組みたくなるのが、道理だったりします。
私も、どうしてもカンパをメインコンポとして完成させたくて、パーツをかき集めたものです。

なかでも、エアロシートポストは譲れないパーツの一つでした。
このポストは、他のメーカーに無い独特なシルエットで、クロモリロードのクラシック感、カッコよさを引き立てる、特別なパーツですね。

当店で過去買い取りした実績から、エアロシートポストの紹介をさせていただきます。
CORSA RECORD

俗に言う、Cレコです。
特徴としては、ヤグラのボルト部分下部にスペーサー?ワッシャーのような小物が付いており、エアロ部分に刻印があります。

CHORUS 初期CHORUSの初期です。
Cレコ同様、刻印はありますが、ヤグラ付近の形状は異なります。
CHORUS 後期
CHORUSの後期です。
Cレコと比較すると、刻印は無いですが、ヤグラ付近の形状は同じ。
上部に向かって、細くなっています。

ATHENAATHENAです。
エアロでない部分に一周ATHENAロゴ刻印が入っています。
ヤグラ付近はCHORUSの初期とそっくりです。
エアロ部分はちょっと重たい感じがしますね。
SUPER RECORDSUPER RECORDです。エアロではないですけど・・・。
上部のスリットが特徴ですね。
SUPER RECORD DEROSAこれもSUPER RECORDですが、当時はスリット部分に色を入れたり
車体のメーカーの刻印が入っていたりもしました。
RECORD CARBON
結構最近の物ですね。
ヤグラ自体もカーボン。
もう生産されてないんでしょうかね。

たかが、ポスト、されどポスト。
多くのパーツで構成される自転車ですが、一つ一つの部品にこだわり始めるとキリがないです。
しかしながら、それにこだわるのが、男の嗜みだったりするのではないでしょうか。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
ロードバイク、スポーツ自転車買取専門店 valley works
Facebook:http://www.facebook.com/valleyworks.roadbike
Twitter:https://twitter.com/Valley_Works
Mail:satei@valley-works.com
TEL:0120-808−943
Address:〒653-0836
兵庫県神戸市長田区神楽町3-2-18
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

このエントリーをはてなブックマークに追加

SPEEDPLAYが新クリートを発売

 

新年が明けまして、急激に寒くなってきましたね。
周りの人間に、風邪等で体調不良の方がちょいちょい出てきています。
自転車乗りのみなさんは、ただでさえ寒い中、風を切って走っていますので、
降車したら、体が冷えない様に気をつけましょう。

それでは、本題です。
皆さんはペダルは何をお使いですか?
私は個人的に、TIMEが好きで愛用しますが、いろんなペダルがあり、
各メーカー特徴がありますので、変えてみても面白い、新しい発見があるかもしれません。
最近は斬新なビンディングペダルが出てこなくて、面白くないですが・・・。

でも、数年前にSPEEDPLAYが出したZEROペダルは、クリート側にビンディング機能を持たせ、ただただ丸い形のデザインはかなり話題を呼び、一斉を風靡したのではないっでしょうか?

今では、ペダル選ぶときに、ペダルメーカーの中の5本指に入るほどの認知度を得て、
使っている方も多く見受けられる様になりました。

そして、直近近年のエアロブームから、
新しいクリート【エアロウォーカブルクリート】なるものが発売されました。
zeroaero1

ロードレースで勝つために、いかに抵抗や労力を減らして、スピードを保ち体力を温存するかを考えて、各メーカー工夫を凝らして開発に余念がありませんが、ペダルにもそれが波及してきました。

見たまんま、名前のまんま、空力を考えて造形されています。

特にビンディングシステム自体に変更ががなされたわけでも無いですが、ただ形状を変えただけです。
されど、ただこれだけの変更で、空気抵抗が全体の1%でも減るのであれば、価値のある変更といえると思います。
同じ動力100kmのレースで、1kmの差がつくと考えたら、大したものです。
(動力と速度、時間、距離の話なので、本当はたくさん計算が必要で、100kmのレースで、1kmの差がつくは全くの嘘ですが・・・。)

ただ、こういった試みは面白いです。
たかがクリートを変えるだけという、簡単なカスタマイズにより、極僅かながらも、
効果が出るのですから。

ビンディング機構をクリート側に持たせる、という方式を採った、スピードプレイだからできた形ですね。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
ロードバイク、スポーツ自転車買取専門店 valley works
Facebook:http://www.facebook.com/valleyworks.roadbike
Twitter:https://twitter.com/Valley_Works
Mail:satei@valley-works.com
TEL:0120-808−943
Address:〒653-0836
兵庫県神戸市長田区神楽町3-2-18
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

このエントリーをはてなブックマークに追加